「天川茶寮 柿千」

tel.072-338-3000
〒580-0006
大阪府松原市大堀
1丁目2番10号
毎週水曜定休
営業時間
ランチ:11:00~14:00
喫茶 :11:00~17:00
10:00~柿の葉すし、鯖の棒鮓販売中

入口(ムービー)へ戻る



その他のジャンル



※当店ではゆっくり食事をお楽しみいただくために10歳以下のお子様のご入店はお断りしております。大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
茶寮内ご紹介
b0120782_14254446.jpg

いらっしゃいませ、ようこそ 「天川茶寮 柿千へ」
b0120782_20115329.jpg

大きな欅(けやき)から小鳥のさえずりが聞こえてきます。
b0120782_2012091.jpg

ここでしか味わえないつくりたての柿の葉すしや鯖の棒ずし。
伊賀の新鮮地野菜、お漬物、ダチョウの卵プリンなどおすすめの逸品
がございます。ご自宅用や手みやげなどに、ご自由にご覧いただけます。

ショーケースのガラスと木はなんと1枚もの。さあ、どうやって店内に入れたのか・・・?
皆様分かりますでしょうか。
フロント後ろには道元和尚の「典座教訓」がかかっています。

b0120782_2012933.jpg

昔の日本の家には、土間という漆喰を塗りかためた床がありました。
人の気持ちを和らげるやさしい土間を、手づくりで再現し、
自然の風合いに仕上げております。
b0120782_20121729.jpg

まるで秘境天川へ来たかのような気分を味わっていただきたく、
大きめのテーブルをご用意いたしました。枯山水を眺めながらゆったりとした
時間をお過ごしください☆
(2名様から個室ご利用いただけます。)

b0120782_2012259.jpg


b0120782_20123170.jpg


b0120782_20123961.jpg

昔の灯篭の原型である蛍灯篭が顔を出し、水辺をぼんやり照らします。
b0120782_20124640.jpg

岸辺のせせらぎをイメージした庭づくりです。岸辺には、茅葺に使う茅がたくさん
生えています。その庭に向かって緩やかな風が吹いて波が押したり引いたり
している風景を瓦で表現しました。
b0120782_20125380.jpg


b0120782_201317.jpg


b0120782_2013864.jpg

「福の壁」には、七福神様がおられます。この神様方をお迎えするために、
まず壁を天の雲から光が差し込むような壁にしたく、壁面を何度か折り直しました。
名古屋の鬼瓦専門店に「金焼き」していただきました。ご来店いただいた方に
少しでも心が温かくなりますように配置しております。

b0120782_20131551.jpg

木の階段に木のホール。木造の小学校のような温もりでいい匂いです。
大工さんが家具のように大切に作り上げました手づくりの階段です。
b0120782_20132278.jpg


b0120782_20132976.jpg


b0120782_20133853.jpg

春日型という古い鹿の灯籠です。古くから神様の使いと知られる奈良の
鹿の景色が思い浮かびます。

b0120782_20134544.jpg

掘りごたつもございます。

b0120782_20135120.jpg


b0120782_2014069.jpg

堀こたつ、テーブル席などそれぞれの趣がございます。
全て室料はいただきません。お食事会、法事等にもご利用いただけます。
送迎バスはスタッフまでご相談ください。

b0120782_2014749.jpg

お手洗いには、きらきら輝く手水鉢がございます。


2階には昔の小学校のような木枠の窓があり、大きな欅を間近に見ることができます。

つづく。。。


「柿の葉に 包む心は見えねども 吉野の里の 香り伝えむ」

柿の葉すしをつくりつづけて35年。
柿の葉1枚に包まれた柿の葉すし。
そこには、柿の葉を育てて、摘む人、お米を育てる人、鯖を追う人、
そして、心を込めて作る人 ・・・たくさんの心がつまっています。

大切に心込められ出来上がった柿の葉すしを、まるで
天川の大自然にいるかのようなゆっくりとした時の中で召し上がっていただきたく、
「天川茶寮 柿千」 をつくりました。

この世界に一つしかない柿千 本店 をゆっくりとご覧いただき、
皆様の心に何かを残していただけましたら嬉しい限りです。

どうぞ、“時計を外して” 特別な時をお過ごしくださいませ。

[PR]
by tenkawasaryo | 2014-10-01 16:32 | 茶寮内ご紹介(写真)
<< 染織家による作品展。 天川茶寮 柿千 ホームページ移... >>


Copyright © AJIMIYA Co.,Ltd.
kakisen@violin.ocn.ne.jp